英語スピーチは、レバレッジの大きな投資!?

英語でのスピーチ・プレゼンテーションは、やり過ごすものから、ビジネスや政治を大きく前進させる極めて重要な機会になりました。
世界的に見て日本人のスピーチはつまらないものという印象が強く、日本人も積極的に英語での発言の機会を利用しようとはしてきませんでした。
しかし、グローバル化の進展と共に、英語でのスピーチ・プレゼンテーションの機会が増大し、さらに一度のスピーチの成功が、多大なリターンをもたらすことが増えました。

例えば、たった一度の海外の展示会でのプレゼンテーションを機に商品が一気に世界に広がったり、NGOの活動が国際的に認められるようになったり、政治家のスピーチで国際世論に影響を与えたりするようになりました。

私たちはこのグローバルな情報発信に関わる変化を理解し、英語でのスピーチ・プレゼンテーションに臨まなければなりません。しかし、多くの日本人や日本企業は、この準備が不十分かもしれません。

英語のスピーチを成功させるには

グローバルな環境において、英語のスピーチを成功させるために必要なスキルは、大きく分けて3つあります。

1つ目は、「英語力」です。ネイティブ並みの英語で話せるのであれば、それに越したことはありませんが、伝わる英語であることがより重要です。単語や文法はもちろん、発音も大切な要素です。

2つ目は、「多文化理解」です。グローバル・コミュニケーションでは、異なった価値観や文化を理解し、配慮することは必須です。聴衆の共感を呼ぶには、日本語のスピーチ以上に、多くの観点からシナリオを吟味する必要があります。

3つ目は、「スピーチ力」です。わかりやすい英語で、相手の文化を理解したスピーチを行ったとしても、スピーチがそもそも苦手では伝わりません。スピーチをする上で、発声、姿勢、視線など、気をつけるべき点がたくさんあります。日本語か英語かにかかわらず、スピーチ力はスピーチ成功の基本です。

コムニスでは、グローバルカンパニーのスピーチを数多く手がけてきたEnglish Speech WriterのJohn R. Harrisと蔭山洋介が、あなたのイングリッシュスピーチ・プレゼンテーションをサポートします。

コムニスのスピーチコンサルタント

プロフィール
代表取締役 蔭山 洋介


スピーチライター、ブランディングディレクター、演出家

・ForbesJAPANオフィシャルコラムニスト
・一般財団法人 渡辺記念育成財団 選考委員
・宣伝会議スピーチライティング講座 講師
・『本日は、お日柄もよく』『学校のカイダン』監修
・キャンパスベンチャーグランプリ全国大会最高賞受賞
・岡山県湯郷温泉旅館季譜の里アートディレクター
(ミシュランガイド2021三ツ星)

実績



プロフィール
白井千遥(大阪)


大阪芸術大学卒業。大学在学中より(株)シェルムアドバタイジングにてコピーライター職に従事。
劇団四季/四季(株)宣材チームを経て、2012年より独立。 大手企業を中心にコピーを数多く手がける。
2019年より、スピーチライターとして活動。



John. R.Harris
John. R.Harris
English Speechwriter


カナダのトロント生まれで、スピーチライターの父を持つ。バンクーバーのブリティッシュコロンビア大学でアジアの歴史と政治学を専攻後、昭和末期に来日。自動車業界を専門とし、世界の自動車メーカー3社の最高経営責任者、その他いくつかの部門のトップエグゼクティブ、著名な政治家や知識人のために幅広くスピーチを執筆。また、国内外の雑誌に頻繁に寄稿している。

1. 英語ベースで進めたい方(英語で進めて英語でスピーチ)

1. お問い合わせ

まずはお気軽に、お問い合わせフォームにて、お問い合わせください。 カウンセリング日時を調整させていただきます。

2. コンサルタントとカウンセリング

日本語でカウンセリングを行います。スピーチの概要を把握し、 今後のスケジュールやスピーチの方向性を確認いたします。 カウンセリング 詳しくお伺いさせていただいた上で、お見積りさせていただきます。

3. ネイティブスピーチライターとコンサルタントがカウンセリング

ネイティブのスピーチライターを交えて、原稿執筆のためのヒアリングを行います。

4. 原稿作成

ネイティブのスピーチライターが、英語で原稿を執筆します。

5. 修正

書き上げた原稿をもとにお客様のご要望に合わせて相談し、 原稿を修正を重ね、仕上げていきます。

6. トレーニング

ご要望によって、英語の原稿を暗記して話す練習や、読み上げる練習をします。

7. スピーチ本番

十分な練習の後に、いよいよ本番です。 英語のスピーチがうまくいくことをお祈りしております。

2. 日本語ベースで進めたい方(日本語で進めて英語に翻訳、英語でスピーチ)

1. お問い合わせ

まずはお気軽に、お問い合わせフォームにて、お問い合わせください。 カウンセリング日時を調整させていただきます。

2. カウンセリング・お見積り

日本語でカウンセリングを行います。 スピーチの概要を把握し、今後のスケジュールやスピーチの方向性を確認いたします。 詳しくお伺いさせていただいた上で、お見積りさせていただきます。

3. 日本語でスピーチ原稿の打ち合わせ

日本人のスピーチライターが、日本語で原稿を作成するためのヒアリングを行います。このときご要望によって、英語ネイティブのスピーチライターを交えて、多角的な視点を取り入れることもできます。

4. 原稿修正

書き上げた原稿をもとにお客様のご要望に合わせて相談し、原稿を日本語で修正していきます。一旦、日本語の原稿を仕上げます。

5. ネイティブスピーチライターによる翻訳

日本人のスピーチライターが書いた原稿を、ネイティブのスピーチライターが翻訳します。

6. トレーニング

ご要望によって、英語の原稿を暗記して話す練習や、読み上げる練習をします。

7. スピーチ本番

十分な練習の後に、いよいよ本番です。英語のスピーチがうまくいくことをお祈りしております。

Message


コムニスは、スピーチライティングを主な事業とする日本で最初の企業です。2006年に創業し、これまでに世界的なグローバルカンパニーや一部上場企業の経営者を支援し成功させてきた実績があります。中小ベンチャー企業やスタートアップ企業への支援も行ってきました。

スピーチは、社会的インパクトが大きく、ビジネスチャンスとして企業の未来を左右する非常に重要な機会です。実際に、たった1回の展示会のプレゼンテーションで、業績が急激にアップし急成長を果たすことができたスタートアップ企業の例もあります。

スピーチ・プレゼンテーションを数多く成功させてきたコンサルタントが、皆様のスピーチの成功をサポートさせていただきます。

お見積りやご相談は無料ですので、お気軽にお声がけください。

※無理な営業もいたしておりません。繁忙期の場合、仕事をお受けできないこともございます。 ご理解の程よろしくお願い致します。まずはお気軽にお問い合わせください。