気弱さん克服コーチングが生まれた理由

気弱さんとは、自分に自信がなくて、お願いを断ることが苦手な人のことです。
お願いを断れないと、やりたくない残業を押し付けられたり、高額な美容サロンの契約をさせられたり、興味のない相手と適切な距離が取れなかったりして、本当に辛い思いをします。

私(湊あかね)は、当事者として、いろんな辛い経験をしてきました。学生だった私は、美容サロンで強い言葉で契約を迫られて40万円のローンを組まされました。効果もなかったし、後悔しかありません。

そんな私でも、今は自分を強く持つことができるようになって、自然にお願いを断ることもできるし、逆にお願いすることもできるようにもなりました。おかげで、嫌な思いをすることはほとんどなくなって、毎日充実した生活を送っています。

その気弱さん克服体験をブログで紹介したら、すごくたくさんの方が毎日相談してくれるようになりました。私の体験がこんなに参考になるんだと思ってすごく嬉しかったです。

そうやって気弱さんの相談に乗っていると、私自身に起こったことが何だったのか、どうすればみんなの役に立つのか、だんだんわかってきたんです。その方法をまとめたのが、『気弱さん克服セルフコーチング』です。

『気弱さん克服セルフコーチング』の良いところは、

・自分だけでできる
・誰でも、わりに簡単
・費用がかからない

あえてこの方法のデメリットをあげると

・薬を飲むだけじゃないのでちょっと面倒
・習慣にしないといけないので、飽きるかも
・簡単すぎて不安になる

だと思います。

自分だけでできるセルフコーチングのスタイル

気弱さん克服コーチングは、基本的には自分一人でできます。必要なのは、ノートとペンだけ。

流れは、こんな感じです。

1. 自分の状態を把握する「気弱さん診断」

2. ノートに明日の行動目標を決める

3. 挑戦する

4. 日記に書き留める

5. これを繰り返す


たったこれだけです。

ステップ1 自分の状態を把握する「気弱さん診断」
そしたら、早速始めてみましょう。
まず、ノートのどこでも良いでこう書いてください。

「私は気弱さんを克服して、自分の人生を取り戻します」

続いて、自分の現状を客観的に書き出していきます。
項目は以下の内容で、それぞれ10点満点として今は何点くらいか評価していきます。
1点が悪い、5点が普通、10点が良いです。

真面目になりすぎない

この成績が、あなたの考える今のあなたの姿です。
気弱さんであれば、精神状態、コミュニケーション、人間関係の成績が5点以下になるはずです。この評価を、毎月1回程度実施して、自分の状況を確認してください。

※この方法では、この点数を全部満点にする必要はありません。
※自分が気弱さんかどうか、こっちの気弱さんチェックリストで確認してね。


ステップ2 ノートに1週間の行動目標を書く
次に、ノートにこう書きます。

「私は○月○日、気弱さんを克服するために次のことを頑張ります」

「気弱さんを克服するために」と書くのがポイントです。気弱さんは努力家が多いので、努力の方向がはっきりすると、目覚ましい成果が出ることがあります。

そして、努力したいことを書いていくのですが、例えば、コミュニケーションの点数が低いなら「友達を食事に誘います」、ファッションの点数が低いなら「お気に入りの服を買います」、住環境の点数が低いなら「いらないものを5個選んで捨てます」など、やりたいことを書いてください。

真面目になりすぎない

この時、真面目になりすぎないことが大切です。例えば「自習を毎日3時間がんばる」という目標は、素晴らしいので可能であればぜひチャレンジして欲しいのですが、あくまで自分が挑戦できる範囲が大切だと思います。例えば「5分本を読みます」の方が現実的だと思います。

また、人に言えない恥ずかしいこと、くだらなすぎることも、誰に読まれるわけでもないので、書き込みましょう。こういうことの方が、自分を大切にするという意味で、気弱さん克服にはより重要な気がします。

ステップ3 目標を実行する
ノートに書いたことを実行します。
この時、挑戦して、緊張しすぎたり、パニックになったりして、うまくいかないこともあると思います。無理しすぎないでゆっくり進めてください。

人間は、急には変われないけど、3ヶ月とか1年とか経ってみると、できなかったことが簡単にできるようになったりします。部活でも、繰り返し挑戦してるとドンドンできることが増えると思うんだけど、気弱さん克服もあれと同じです。できないことを繰り返していると、だんだんできることが増えていきます。

ステップ4 日記を書く
夜寝る前に次の日記を書きます。
目標の横に、点数を書き込みます。
全然できなかった1点、よくできた10点で、何点だったか書き込んでください。
その下に今日の日記を書きます。挑戦できたか、うまくいったか、うまくいかなかったとしたらその原因は何か、その他思いつくこと、なんでもいいので書いてみてください。

日記

そして、明日の目標を書きます。
「私は○月○日、気弱さんを克服するために朝、6時半に起きます。」

これを繰り返していきます。
そして、自然と、自分の自信を少しずつ取り戻していってください。

気弱さんを食う世の中の罠

学生の頃、「気弱な自分を変えたい!」そう思って色々突撃した私が見てきたのは、なかなか厳しい現実でした。

世の中には、「夢は叶う」とか「あなたもビジネスリーダーに」とか「成功者になるには」みたいなセミナーがたくさんあります。
私はただ「気弱な自分」を変えたかっただけで、別に成功者になりたかったりビジネスリーダーになりたかったりしたわけじゃなかったんですが、そうやって自分を変えたいと思う人には、そういうセミナーの関係者が必死になって勧誘をしています。

私は、当時何も知らなかったので、「自分を変えたかったらおいで。君には絶対必要だと思う。」そう誘われて、いろんなところに行きました。そして、たくさんお金を払ってきました。それでも、全く気弱さんは改善しませんでした。

多分、そういうセミナーは、気弱さんには向いていないんだと思います。なんでかというと、気弱さんのためのセミナーじゃないからです。普通の人がリーダーを目指すような内容なので、そうじゃない人にはしんどすぎます。私は、辛さを乗り越えなきゃと思って、必死になって通ったけど、結局身体が拒絶反応を起こして、行けなくなってしまいました。

今は、あのまま無理して通わなくて良かったと、心底思っています。気弱さんを克服することは、絶対にできなかったと思うからです。

気弱さんを克服できるのは、自分だけ

リーダーシップセミナーで気弱さんが克服できないのは、もう一つ理由があります。それは、セミナーにいけば気弱さんを克服できるんじゃないかと、他人に期待していたからです。

気弱さんはそもそも、「自分に自信がない」というものです。自分の自信は、他の人にどうこうできるものではなないはずです。自分で解決しないといけないんです。

気弱さんの中には、家庭、職場、学校の環境に恵まれていない人も多いと思います。でも、そういうもののせいにしていたら、ずっと気弱な自分に悩み続けるだけになってしまいます。

だから、そういう厳しい環境も含めて、自分の人生を楽しめるように努力できるのは、自分だけです。こういう自分でやるという意思が、気弱さんに一番必要なことだと思っています。

だから、私みたいに、誰かになんとかしてもらおうとして、お金と時間と心を無駄にしないで欲しいです。みんなに、私みたいな辛い思いはして欲しくないんです。
この気弱さん克服コーチングが参考になれば幸いです。

自分の意見をうまく伝える方法

「本当は嫌なのに、相手の悲しむ顔が怖くて、言いたいことが言えない。」
「自分の意見を相手を傷つけず、上手に伝えられるようになりたい。」
「人に嫌われるのが怖くて、気を使いすぎてしまう。」

これらの悩みを抱えている方のために、話し方の本を出版しました。
著者は、私自身の気弱な性質を治してくれた、パートナーでスピーチライターの蔭山洋介です。

私も気弱さん当事者として書籍に登場しています。
Amazon等でご購入いただけますので、ぜひ御覧ください。
気弱な人の失敗しない話し方

ライター、スピーチなど言葉に興味がある方へ

「文章を書くことが好きで、仕事につなげたい。」
「人前で話すスキルを全体的に磨きたい。」
という方には、スピーチライターサロンがオススメです。

ただいま、スピーチライターサロンを無料でご体験いただけます!ライター、言葉のスキルを磨きたい方はぜひご検討ください。

詳しくみてみる