トップ

日時:2019年 7月20日(土)10時-18時:1日レッスン
  2019年 7月21日(日)10時-13時:成果発表会



 講師 蔭山 洋介(かげやま ようすけ)

president スピーチライター、ブランディングディレクター。
パブリックスピーキング(講演、スピーチ、プレゼン)やブランド戦略を裏から支える
ブレーンとして活躍。クライアントには一部上場企業、外資系企業の経営者や、政治家、
NPO 代表、公益法人理事長などのリーダー層が多い。Forbes JAPANオフィシャルコラムニスト。
WOWOWプライム連続ドラマ『本日は、お日柄もよく』を監修 (2017)



リーダーにはリーダーの話し方があります

リーダーには、リーダーのための話し方があります。
なんとなく「正しい話し方」というものがある気がしているかもしれませんが、
そう言った話し方はありません。
tv
一般的に考えられる「正しい話し方」は、滑舌がよく、声がよく通り、表情が豊かで、
姿勢が良いというものだと思います。

しかし、日本を代表するコミュニケーションの天才の中に、この話し方を真っ向から否定するような話し方で、大成功を収めている人物がいます。

お笑い芸人で映画監督の北野武さんです。
武さんは、事故の影響もあって、滑舌は悪くて聞き取りづらく、声もそれほど張っていません。
表情も乏しく、姿勢も良いとは言えないでしょう。しかし、圧倒的な存在感で他者を引きつける魅力的な話し方をします。


武さんの話し方を考える時、何が「正しい話し方」か、わからなくなります。滑舌、表情、姿勢は、おそらくできないよりできた方がいいでしょう。 しかし、本質的ではないことは明らかです。彼は、そのすべてを持ち合わせていないからです。

では、何が話し方の本質なのでしょうか?
スピーチやプレゼンテーションで、多くの人を感動させるための重要なポイントとは、何なのでしょうか?



スピーチ・プレゼンで本当に重要なことだけを知りたい

実は、スピーチのトレーニングで重要なポイントはそれほど多くありません。

私は、10年前、重要なポイントをだいたい3つに絞ってお伝えしていました。
それが、演出、シナリオ、話し方の3つでした。

演出とはスピーチのための舞台装置など、シナリオとは原稿のこと、
話し方とはスピーカーの表現力のことです。

この3つが洗練されることで、名スピーカーと同じような話し方ができるようになるのは、
間違いありません。

しかし、これらをすべて本気で学ぶのは、相当時間がかかります。
学生のように自由な時間を使って4年間しっかり勉強できるのであれば、
これらすべてを徹底的に学ぶことで、素晴らしい話し方を身につけることができるかもしれません。

ところが、社会人であったり、会社を経営していたりすれば、
当然そのような時間を取ることは極めて難しくなります。

そこで、スピーチ・プレゼンを短時間学んだだけで、未来永劫ずっと役に立ち続けるようなスキルアップを達成することが、必然的に求められます。

そうでなければ、社会人やリーダーにとってあまり意味があるものになりません。



どうすれば、短時間で学ぶことができるのか?

スピーチ・プレゼンを短時間で学ぶためには、
特に重要なポイントに絞って、トレーニングするしかありません。
演出、シナリオ、話し方の3つすべて完璧にこなす必要がないのは、武さんの例からも明らかで、
本質をしっかり学ぶことができれば、学びのための時間を短縮することができます。

では、その本質とは何でしょうか?

良いスピーチやプレゼンテーションを見ると、話に引き込まれます。そして、感動します。

この、引き込む、感動する、という感覚を聞き手に与えることができれば、
正直3つの要素は手抜きでも構わないのです。

引き込む、感動する、を作り出しているのは、じつは「非日常」です。



「非日常」の立ち上げ方を学ぶだけ

スピーチ・プレゼンで、話している空間に「非日常」が立ち上がっていれば、
ほとんど自動的に、聞き手は引き込まれて感動するのです。

ここでいう「非日常」とは、感情移入を引き起こす物語のようなものですが、
立体的で演出、シナリオ、話し方、すべてを動員しなければ立ち上げることはできません。

逆に言えば「非日常」をどうやって立ち上げるかだけを考えて、
3つの要素を使いこなすようにトレーニングすれば、最小限の努力で、聞き手を引き込み、感動させることができるようになるのです。

あなたが、アナウンサーのように聞き取りやすく滑舌を手に入れ、
アスリートのようなしなやかな身体を目指す必要はないのです。

たった一つの感覚、「非日常」を立ち上げることだけを学べば、
スピーチやプレゼンテーションは劇的に変わります。

そして、その話し方をまとめたのがパブリック・スピーキングという話し方です。



日本全国から参加者がいらっしゃいます。

これまでに200名以上のリーダーやリーダー予備軍のみなさまが受講してくださいました。

その中には、一部上場企業の経営者や政治家など現役のリーダーから、
「 普通のOLです」という方や、高校生までいます。

若くして成功した上場企業経営者の深い悩み 〈40代男性〉
Aさんは40代とまだ若いにもかかわらず、優れた企業経営者として大きな成功を収めていました。
その結果、業界団体のリーダーとしてスピーチを求められる機会が増えてきました。しかし、スピーチで異様に緊張してしまう癖があり、1年くらいは逃げ回っていたのですが、「どうしてもお願いしたい」と強く迫られ、いよいよ逃げられなくなりました。その時、まるで死を宣告されたような気持ちになったそうです。

それからというもの話し方教室に顔を出して、スピーチを学ぶのですが、一向に改善しません。そんな折、経営者の集まりで蔭山のスピーチトレーニングの一端に触れ、これだと直感してパブリックスピーキングを学ぶために訪ねてこられました。 public_speaking  プライベートトレーニングとセミナーがあることをご説明させていただいたのですが、たまたまセミナーの日にスケジュールが空いたことから、パブリックスピーキングセミナーに参加いただきました。

 セミナーで、理論と実践を繰り返すことで、自分の話し方の癖を修正し、パブリックスピーキングを習得することができました。  今では、最小限の準備でスピーチに臨めるようになり、しかも感動的なスピーチの名手として評価されるようになりました。

 今でも、お会いすると「あのときセミナーを受けて本当に良かった」と口癖のようにおっしゃられています。



友人の結婚式を心からお祝いしたい 〈20代女性〉
Bさんは、大切な友人が結婚することになり、友人代表のスピーチを頼まれました。
その友人は本当に大好きな親友だったので、こっそり最高のスピーチを用意して、感動してもらいたいと思ったそうです。
そこで、インターネットで検索してパブリックスピーキングセミナーにたどり着きました。

セミナーを選ぶときに、大好きだった原田マハさんのベストセラー『本日はお日柄もよく』のドラマの監修をしていることも、
参加を決める後押しになりました。

セミナーが始まったばかりのときは、参加者の多くが経営者やフリーランスの方で緊張しましたが、
少人数でアットホームな雰囲気もあり、次第に慣れて、徐々に自分を出すことができるようになっていきました。

セミナーの最後でスピーチをしたときには、参加者のみんなから「本当に良いスピーチになったね」と言ってもらえて、
自信を持って本番に挑戦することができました。 public_speaking 結婚式でのスピーチは、ものすごくドキドキしましたが、おかげさまで大成功でした。
友人も私も涙でいっぱいで、本当に感動的なスピーチになりました。
以来、スピーチやプレゼンテーションでは、積極的にチャンスがあれば話すようになり、上司や同僚からも高い評価を得られるようになりました。



将来スピーチライターになりたい 〈30代男性、大手コンサル〉
Cさんは、大手コンサル会社に勤務しており、仕事には満足していました。しかし、近いうちに独立したいと考えており、
そのために得意なプレゼンテーションやスピーチに磨きをかけて、コーポレート・コミュニケーションの専門家への道を模索することにしていました。

そんなとき、テレビでたまたま見たスピーチライターに興味を持ち、
ネットで検索してパブリックスピーキングセミナーにたどり着きました。
public_speaking セミナーでは、コミュニケーション戦略についての説明や、感動の構造を論理的にされ、コーポレート・コミュニケーションへも応用できる内容で、大変参考になりました。また、スピーチでは、自分が向上したのはもちろんでしたが、参加者の方がみるみるうちに上達していくのに本当に驚きました。

自分の姿は、自分では見えないですが、一緒に学ぶことで自分も同じように成長できているという実感が持て、充実感がありました。 今では、セミナーで学んだことを参考に、独立の準備を進めています。



たった2日でパブリックスピーキングをマスター?


100percent

1日目

10:00-10:30
イントロダクション
・宿題発表

oneday
  • 講師あいさつ
  • 参加者あいさつ
  • 宿題発表と診断

簡単な自己紹介をした後に、宿題になっている3分スピーチをしてもらいます。皆さんの実力を蔭山が診断します。いきなりなのですごく緊張しますが、うまくできる必要は全くありません。できる範囲で一生懸命話してください。皆さんの受講前後のスピーチは、動画で記録されます。自分の話し方が受講後どう変わったのか、その動画を見れば一目瞭然です。

10:30 - 12:00
パブリックスピーキングの概要-1

  • スピーチをショーに変える3つの要素について

パブリックスピーキングを準備しようとすると、どうしても原稿の執筆と練習に焦点が当たりがちなのですが、実はもっと大きな枠組みでパブリックスピーキングを捉えなければなりません。その大きな枠組みを理解せずに、スピーチやプレゼンテーションに取り組むと、理由がわからないまま失敗してしまうことになります。その大きな枠組みについて考えます。

12:00 - 13:00 昼休み

13:00 - 14:00
スピーチライティングの基本

oneday2
  • スピーチライティングのドラマ構造

プレゼンやスピーチの原稿は、普通のレポートや論文の書き方と根本的に異なります。学校で学んできた書き方でプレゼンやスピーチをまとめると、驚くほどつまらないものに仕上がってしまいます。ですから、それらの書き方とは違うパブリックスピーキングのための原稿執筆法を習得しなければなりません。そこで、話すための原稿執筆法について、その基本を学びます。

14:00 - 15:00
スピーチライティングの実践

  • 自分の原稿のブラッシュアップ
  • 人の心に刺さるサウンドバイトをつくる

 宿題の3分スピーチを、先ほど学んだスピーチライティングの技術を使ってブラッシュアップします。原稿を何度も練り直していく中で、「え?こんなに面白くなるの?」と、手応えを感じられるはずです。

 また、聴いて印象に残るフレーズをサウンドバイトと言いますが、自分の原稿をサウンドバイトで彩って、聴くものの心に刺さる言葉が生み出せるようになることを目指します。

15:00-15:15 休憩

15:15 - 16:15
話し方トレーニング

  • 声に説得力を与える呼吸法
  • ボイストレーニング
  • ノンバーバルを意識する(身振り手振り、姿勢、目線)
  • 名優に学ぶ話し方の極意
oneday3

パブリックスピーキングで説得力のある話し方について訓練します。声の説得力を支えるのは、呼吸法、発声法、発語法です。この三つを訓練することで、声自体に説得力が出てきます。また、身振り手振り、姿勢、目線の使い方を覚えると、空間を支配するように働きかけることで、聴き手を引き込むことができるようになります。これらの技術を俳優トレーニングを使って、実際にシェイクスピアの台詞を読み上げながら、訓練していきます。

16:15 - 18:00
リハーサル

1日かけて学んできたことの全てを使って、もう一度3分スピーチに挑戦します。このときマンツーマンで個別にアドバイスを行って、シナリオで不十分な点や、話し方の課題をお伝えします。

oneday4

終了後
懇親会

  • おいしいお酒で乾杯

お互いの労をねぎらって、 新宿3丁目のおいしいお店で乾杯です。みんなで交流を深めます。



2日目

10:00-11:00
最後のリハーサル

  • 練習と準備

昨日の課題を踏まえて、最後の話し方の準備を行います。それぞれの原稿の見直し、スライドの確認、話し方の練習など、それぞれのペースで行います。また、随時講師と相談しながらブラッシュアップしていきます。

11:00-12:00
発表とフィードバック

  • 宿題の発表
  • 講師からフィードバックとトレーニング

集大成の発表です。たった1.5日でどこまで変われたのか、みんなの前で発表します。発表を見て、講師がフィードバックを行い、各自指導できるところがあれば指導していきます。

twoday

12:00-13:00
振り返り

  • 振り返り

セミナーで学んだことを振り返ります。最初に自分が話した動画と、最後に自分が話した動画をスライドで確認しながら、外面的にどうかわったのかを確認します。また、自分の内面にどんな変化があったのか、どんな気づきや学びがあったのかをみんなにシェアします。また、全体を通しての質問や疑問について講師が回答します。

13:00 解散

これで、セミナーはおしまいです。パブリックスピーキングの基本技術は習得できたはずです。パブリックスピーキングを駆使して、ビジネスや政治やその他社会活動の最前線で、ますますご活躍ください!

course
refund

次回のセミナー情報
日時:2019年 7月20日(土)10時-18時:1日レッスン
 2019年 7月21日(日)10時-13時:成果発表会
場所:新宿オフィス
定員:4
残席:3
※費用は、メールマガジンに記載しております。

セミナーを今すぐ予約する

※費用は、メールマガジンに記載しております。

メルマガ登録後、セミナー情報が記載されたご案内をお届けします。そちらからお申込ください。



スピーチ・プレゼンに役立つ情報を無料でご案内しているメールマガジンです。
登録者数1000人超!お得なメルマガ登録特典も!

既に数百名のリーダーが受講しています。

一部上場企業経営者や中小ベンチャー企業経営者、NPO代表理事など、
多くのリーダーが既に受講してパブリックスピーキングを武器に活躍しています。

sasaki

経営のカギはパブリックスピーキングだった。
岡山県で季譜の里というJTBアンケート1位の旅館を経営しながら、他の宿泊施設のコンサルティング
などをしています、佐々木慎太郎です。蔭山先生からパブリックスピーキングを学ぶまでは、どこに
でもいる上司と同じように、集客や部下とのコミュニケーションに悩んでばかりでした。しかし、旅
館業のような一見スピーチと無縁の仕事をしている私でも、パブリックスピーキングを学んでから、
どうやって集客するのか、部下にどんな指示を出せば良いのかがはっきりと分かるようになり、以前
のように思い悩む事はなくなりました。平成25年は、多くの旅館で集客が伸びていないと聞いていますが、うちは前年同月比ですべてプラスに転じています。また、 仕事にも厚みが出てきて、銀行からいくつかの旅館の買収の話を打診されたりと、大忙しです。ビジネスパーソ ンがパブリックスピーキングを学ばずにビジネスをするのは、コンパスを持たずに大海原に漕ぎ出すくらい無謀なことだと思います。もし、パブリックスピーキングを学ぶ機会があるのであれば、強く学ぶことをお勧めいたします。


takesue

 日経BP出演にも役立ちました。 たった 2 日でウォールストリートジャーナルが読めるようになる『英語最速』を教えている竹末研一です。蔭山先生にセミナー設計を依頼してDVDを作成し販売させていただきました。お陰様で、しっかりビジネスをさせて頂いております。また、ファッションのご指導を頂いて日経BPに出演させていただきました。メディアに出るときに、自信を持って出演できるようになりました。いつもご指導ありがとうございます。


takeuchi

宮崎から毎月飛行機で通っていました。
宮崎で障害者施設を経営しておりますNPO法人笑福会の竹内和広です。私は2012年に東京で開かれた NPO 向けのセミナーで、蔭山先生のお話を聞かせていただきました。会場には溢れるほど参加者がいて、熱気に包まれていました。もちろん内容も感動的で、「こんな事思いもよらなかった、もっと早く
知っていれば楽だったのに」と、目から鱗が落ちる思いでした。感動したのは私だけでなく、講演会終了後の名刺交換の列は100人はいたのではないかと思うほどの大行列でした。私も名刺交換をさせて頂き、個人的に連絡を取らせていただきました。以来2年間に亘り、毎月東京まで蔭山先生の勉強会に参加し、ご指導いただきました。


public_speaking

プライベートレッスンで、多くの方に協力してもらえました! 子どもが売られる問題をなくす団体の共同代表をしております、かものはしプロジェクトの村田早耶香と申します。 立ち上げ期に蔭山先生と一緒に講演内容の準備とスピーチトレーニングを受けました。生まれて初めて1000 人規模のスピーチをする機会が数年前にあったので、その機会に向けて一生懸命練習しました。すごく緊張したのですが、専門家の的確なアドバイスがあったことでとても心強かったです。蔭山先生にみて頂いたおかげで、苦手だったスピーチが、今では自分の強みになっています。声の出し方から、スピーチ内容の構成まで、丁寧に指導して頂いたおかげです。おかげさまで、スピーチを通じて、活動をご支援下さる方を増やすことが出来ています。今でも定期的にご指導頂いています。




refund

次回のセミナー情報
日時:2019年 7月20日(土)10時-18時:1日レッスン
 2019年 7月21日(日)10時-13時:成果発表会
場所:新宿オフィス
定員:4
残席:3
※費用は、メールマガジンに記載しております。

セミナーを今すぐ予約する

※メルマガにご登録いただくと、特別割引が受けられます!


メルマガ登録後、セミナー割引の案内をお送りします。そちらからお申込ください。




スピーチ・プレゼンに役立つ情報を無料でご案内しているメールマガジンです。

登録者数1000人超、メルマガ登録特典もございます。



セミナーに参加できないけど、パブリックスピーキングを学びたい!


忙しくてセミナーに参加できない…
地方に住んでいて東京のセミナーに参加できない…
そんな方には、オンラインコンテンツ「人を動かすパブリックスピーキング エッセンシャル版」がおすすめです。

また、まずは内容だけでも知りたいという方は、書籍『パブリックスピーキング』を強くおすすめします。


book


みなさんにお会いできることを楽しみにしております。

                          スピーチライター 蔭山洋介