スベるスライドのコツ教えます! ~全て無駄にする演出~

演出

プレゼンのツールとしてスライドはとても有用ですね。

今回ご紹介するコツは、せっかく準備した素晴らしいプレゼンを台無しにすることができるスベりの流儀です。静まりかえる会場、ゾクゾクしますね。

このスベりの流儀から、あなたは同じ失敗をせずに最高のプレゼンテーションができるようなスライドの使い方を学んでいってください。

スベるコツ①スクリーンを見せない

プレゼン会場のスクリーンが見やすいと、観客は感情移入してプレゼンを楽しみ始めます。スクリーンが見えないように工夫することが大切です。

目安として、高さは2m以内にしましょう。低ければ低いほど、効果的です。

席も当然見えないように工夫しましょう。交互に並べるなんて、もってのほかです。学校の教室のように整列させ、頭が邪魔するようなレイアウトを心がけてください。

これをすることで、どんなに素晴らしいスライドを用意しても開始5分で後方から順番に夢の中へいざなうことができるでしょう。

話し手に対して、椅子を円形に並べるシアタースタイルは、どうしてもスクリーンが目に入ってきます。プレゼンで最高の眠りを提供するために、決して採用してはなりません。

スベるコツ②情報をふんだんに詰込み、台本のように使おう!

スクリーンを見せないので、そもそもスライドを用意する必要はないのですが、一応プレゼンですからスライドを用意しましょう。その際1枚のスライドに言いたいことをふんだんに詰め込んで書きましょう。

そして、台本のように、すべての文字を読み上げるよう心がけてください。

話す人も聞く人もそれを読むだけです。ネタバレ万歳です。目で追うだけなのでワクワク感もなければ聞いている意味もありません。

スライドをまとめた資料をあらかじめ配っておくと尚効果的です。一部例外を除いて多くの場合は内容が先読みされてスベリやすさが増します。

実は、人間の脳は同時に2つ以上のことに集中することができません。ここでのポイントは箇条書きのスライドを作成することです。注意散漫効果をもたらす事ができます。

情報をできる限りそぎ落とし、「ワンスライドワンメッセージ」にしてしまうと聞いている人が興味を持ってしまいます。1つのメッセージに1つの図をセットにしたらイメージも膨らんで、スベるどころか言いたいこと伝わりやすいプレゼンになってしまうことでしょう。

スベるコツ③スライドとかぶろう!

完璧なスライドを作れた!そんなときはスクリーンの前で存分に光を浴びながら舞台俳優になったつもりで堂々話しましょう。

見えない。

これでは文の途中が見えない。

あなたしか見えない。

ハイライトは、自分の顔や服にスライドの文字や絵が写っちゃうシーンですね。

自分じゃあんまり気づかないけど、なかなかおしゃれなYシャツですね。最近流行りのプロジェクションマッピングですか?

これはこれでウケてしまうかもしれない。

ほんとはあなた自身もスライドの一要素です。

プレゼンの達人であり元AppleCEOのスティーブ・ジョブズはスライドアニメーションを自在に操り、自分の動きまでも計算しつくしていました。

真ん中に立つときはスクリーン上部に文字を。左に歩くとさっき立っていた位置に文字が現れます。

立ち位置、アニメーション、タイミング、すべて計算済みの演出

そんなことまで考えながらスライドを作成し、自分もスライドの一部として演出を組み立ててしまうとプレゼンでスベるのは難しいかもしれませんね。

「まとめ」

スベるためには、次の3つが大切だという話でした。

1つ目、スクリーンを見せない。これでほとんど勝利も同然です。

2つ目、情報を詰め込む。甘い催眠ボイスで、眠りへといざないましょう。

3つ目、スライドとかぶる。逆にちょっと楽しいです。

3つのコツを使えば、駄々スベリプレゼン間違いなしです。プレゼンが終わったころ、一人として生還させず、こっそりと壇を降りましょう。せっかく用意したプレゼン、披露する前の演出で勝負が決まっちゃうんですね。

ずっと~さーがして~た

りっそうのじーぶーんて

もうちょっとーかーっこよかったけれーど~

やば、泣けてくる。

二度と呼ばれることのないプレゼン会場を目に焼き付けよう。

コメント

  1. This design iis steⅼler! You certainly know how to keep a гeаder entertained.
    Betweеn your wit and your videos, I waas ɑlmost moved to stɑrt my own blog (well,almost…HaHa!) exceⅼlent jоb.
    I rеalⅼy enjoyed what you had to say, and more than that, hoѡ
    you presented it. Too cool!

    • Thank you for giving me special comment!!
      I’m glad you are interested in my article.
      If you have some opportunity, I would be happy to tell your friends:)

  2. You made some decent points there. I checked on the net for additional information about the issue and found
    most individuals will go along with your views on this
    web site. I love what you guys are up too. This type of clever work
    and coverage! Keep up the terrific works guys I’ve added you
    guys to my own blogroll. I really like it when individuals get together and share thoughts.
    Great site, stick with it!

  3. Thanks for your comment. I am very happy.
    Yes, we are a group of people with great ideas. Please look forward to the content that will be uploaded in the future.

  4. Thiѕ is reаlly interesting, You’rе an overly skilled blogger.
    Ӏ’ve joined your rss feesd аnd ѕіt up for in search οf mߋre of yоur fantastic post.
    Αlso, I have shared your web site inn mʏ social networks

  5. 巷では多くの企画・プレゼンが行われていますが、たとえそれが社会に有益な物や事柄でも、このスベリのプレゼンの活用により世に出る事もなく地下深く埋もれているアイデアや物も多く存在している事でしょうね?!
     自分もプレゼンを行う事があり、短い時間で伝えようと情報を詰め込み過ぎ、今まで沢山の聴衆達を眠りへといざなっていた事が良くわかり、大変勉強になりました。

    • KENさん
      コメントありがとうございます!
      短い時間で伝えなければいけない時は情報の精選がとても難しいですね。ぜひ他のメンバーの記事も読んでいただいて、パブリックスピーキングの猛者になられてください。

タイトルとURLをコピーしました