コンセプトワーク

コンセプトワーク

人をダメにするソファというコンセプトがウケた謎を解いてみる

...
コンセプトワーク

タマ、世界一カワイイを伝える方法

「うちの猫、タマは世界一カワイイ!」といっても、カワイイという言葉が抽象的であり、そのかわいさが伝わりません。どうすれば抽象的な表現を、具体性を落とさずに伝えることができるのでしょうか。抽象と具体という軸についてお伝えします。
コンセプトワーク

コンセプトワークという広告マンが唱える謎の呪文の正体に迫ってみた

コンセプトという永遠の謎に迫ってみた。広辞苑を調べ、身近な雑誌を見ることで、永遠の謎に少し迫れた気がした。
コンセプトワーク

「コンセプト」それはスピーチの魂

コンセプトの役割とは、「曖昧で言語化することが難しいが、絶対に存在していて、伝える意味があるなにかを伝えること」にある。そのため、「コンセプト」はスピーチの「魂」であり、「コンセプト」を明確にすることは情報量を増やし、スピーチをより感動的なものへと導く。
コンセプトワーク

兎にも角にも、まずコンセプト!?

昨今、コンセプトの重要性は高まるばかりです。コンセプトからビジネスを大成功させた、ボタニカルを例にしてコンセプトがどういうものなのか、ビジネスにおいてどういう意味を持っているのかを、実例を上げながら考えてみます。
タイトルとURLをコピーしました