演技が出来れば、あっと驚く奇跡が起きる!?

話し方

演技力があれば、あなたのスピーチは格段に楽しそうに見えます。更に、スピーチだけじゃなく仕事も日常生活も楽しいものになります。

そんな演技力について考えてみましょう。

私たちは演技をしている

日常生活において、みなさんどれだけ「演技」をしているでしょうか。

妻への嘘。

友人への愛想笑い

上司への媚びへつらい……

こんな演技をしていないでしょうか?

私も日々、嘘をついています。。。

失敗を隠すウソ

ヘソクリを隠すためのウソ

浮気を隠すためのウソ

大切な人を心配させないための優しいウソ

人間はウソをつくもので、そのために演技をするものです。迫真の演技を心がけます。しかし、バレます。特に大根役者ほど、バレます。

そう、私のように。。。

そして、こうなる……

演技とはカラオケである

ウソをついている時以外にも、演技をしている場面があります。

例えば、接待でのカラオケです。

そんなに楽しくないのに、喜んでもらえるレパートリーを組み上げ、タンバリンを振り、マラカスにノッて、踊りながら歌います。仕舞いには、ピカチュウやら女子高生やらのコスプレまでしちゃいます。この時ポイントになるのは、すごく楽しそうにすることです。

歌いながら、フォーチュンクッキーしているときの私がしていることが、まさに演技です。パフォーマンスと呼んでもいいのかもしれません。

自分の心の動きだけでは説明のつかない、さまざまなことを私の身体は行っています。

演技はいつもノリノリ!

演技をすると良いこといっぱい

フォーチュンクッキーしていると、いいことがいっぱいあります。

私はある商品のセールスをしているのですが、商談中にフォーチュンクッキーが必要になります。セールスマンは、そのフォーチュンクッキー力、もとい演技力が営業成績が大きく関わってきます。

高額な商品をお値打ちに感じていただくには、言葉の説明だけでは足りません。歌い踊ることが大切です。

お客様が「このフォルムがかわいいんだよねえ」と、商品の良さに気がついて頂いたときには、「お客様、よくおわかりですね」のステップシークエンスからの、「お客様なら世界一似合いますよ!」のフォーチュンクッキーで決めます!

これはウソではありません。フォーチュンクッキーです。

もう一つ例をあげると……

「あなただけ(今だけ)の特別条件(特別価格)です!」

あなたも一度はそんなことを、セールスマンに言われた事があるでしょう。私も数えきれないほど、このセリフを口にしてきました。

ですが大抵、この言葉自体は大ウソです。あなたがよほどのVIPでもない限り、あなたにしか出せない条件、価格と言うものは存在しません。私のようなセールスマン達は、それがさも本当のことで、なおかつ特別であるかのように、フォーチュンクッキーを使ってお客様にそう感じさせなければなりません。

ですが「あなただけの特別条件」と口にしても、表面的なセリフでは「本当にそうかな?」と疑問を抱かれかねません。

では、どうするのか?

必要なのは心の内面からのフォーチュンクッキーです。そのために、顧客に出す見積書などの条件をしっかりと確認しながら、「これが最高の条件だ。顧客に出せる最高の価格だ」と繰り返し口に出したり念じたり、とにかく自分自身に、今から顧客に出す条件が最高のものだ、と暗示をかけます。そうして、自分自身が最高の条件だと思い込んでお客様と話を始めるのです。話している自分が「最高の条件」と信じているのですから、当然、お客様は「最高の条件」だと信じるでしょう。

自己暗示で演技力は倍増

こうして出した大ウソの「あなただけの特別条件」は、セールスマンのフォーチュンクッキー力によって本当の特別条件のようにお客様は感じ、サインをしてしまうものなのです。

これはもちろん日常生活でも同じです。仕事でも、日常生活でも、フォーチュンクッキー力があればよりよい結果になることは、往々にしてあるものです。

とはいえ、演技は難しい

とはいえ、演技は難しいものです。自分自身は熱演のつもりでも、失敗するとただただ痛い。相手に伝わらないとただただ痛い。演技で場を盛り上げるのは、簡単にはできません。

私がやっちゃった痛い演技の話です。会社の創立記念日に、ステージ上で出し物をしないといけないことがありました。店の代表3人で「現場でのあるあるネタで笑わそう」とショートコントを演じることにしました。東京03レベルの笑い、取ってみせますよ!と店長にも宣言し、いざ本番。始まってみるとこれがまあ、恐ろしいほどスベるスベる。。夏なので冷房の効いた室内でしたが、ちょっと効きすぎかなって空気。そして汗だくの私。起きた笑いは苦笑のみ。私たちだけでなく、観ていた方々にも地獄のような10分間でした。

後日動画でみて見ると、3人のオッサンがステージ上でボソボソ喋り、ヒンヤリした空気の中、ナゼか汗だくでただ右往左往しているという、おぞましい光景が繰り広げられておりました。。。

演技は難しいのです。本当に、難しいのです。

演技って、どうしたらいいのよ

演技は表面上ではなく、自らの身体と心の内面から感情を沸き上がらせるものです。

本当にカワイイあの子を落とすなら、表面上ではなく、本当に「カワイイ」って感じてる、そんな気持ちとそれを表す演技が必要なのです。

その瞬間は「カワイイ~」「好き~」って気持ちを持って発する「カワイイね~」は、他の誰かが言うカワイイとは、一線を画すカワイイとして相手の心に残ります。何気ない一言でも、あなたの発した言葉として相手の心に残り続ける。それが演技の力なのです。創立記念日の時の私は、「笑わせたい」という感情がなく、みんな笑うに違いないとタカをくくっていたので、痛いことになったのです。

だから演技は大切だ

キューは自分で出すしかありません。。

ここまでの話しで、日常生活や仕事上で演技の大切さはお分かりいただけたかと思います。デートが上手くいくか、仕事が上手くいくか、家庭が上手くまとまるかは、あなたの演技力いかんなのです。

その演技力はスピーチでも重要な位置付けとなるのですが、それは次回お話しすることにいたしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました